マンションより戸建てが良い

分譲マンションに入居して、10年を経た時のことです。

 

住んでいたマンションは、立地が利便であり、管理も管理会社でしっかりしてもらえる快適さ・安心感はあるものの、やはり、共同住宅の性質上仕方ないこととは言え、生活音(上階からドスンと響く無神経な生活態度や複数飼育している犬の連続吠え等)が気になり、戸建てに住み替えようと決心しました。

 

資金的に、マンションを売却しないと、新居の取得は困難でありましたが、売却が決定してから探し始めると、時間的に短期間のため、気に入った物件に巡り合う可能性が少ないのではと考え、売却の依頼を不動産会社に依頼する前から、モデルハウスなどを見て歩き、候補を決める活動をしてました。

 

売却を依頼し、決定になるまでに3か月、売却決定から新居決定・引越しまで3か月と見込んでましたが、売却を依頼する前に、気に入った戸建て物件があり、売り主(工務店)では、支払いは、工事着手時と完成時の2回のみで可とのことだったので、資金繰りは可能と判断し、ここの工務店に決めました。

 

出典:家売却

 

当方の家族は、独立した子供も含めた4人家族であり、間口が狭いものの、土地が140、建物が110平米の4LDKと、そこそこの広さがあり、駅から10分以内の物件で、スーパーも近く、100パーセントの満足度に対し、70パーセントと、及第点を得られたと思われたのが、決定の理由です。

 

予算は、マンションの売却希望価格相当と考えており、新居の価格は、この売却希望価格より200万円ほど低く、売却収入>購入費用を目論んでました。

 

しかし、登記や確認申請料などの諸経費のほかに、カーポート、物置、アンテナなどの追加工事費用が加わり、結局、売却収入=購入費用となってしまいました。

 

一方、マンションの売却は、希望価格では売れず、△200万円となり、この分が赤字となったわけです。

 

マンションと一戸建て生活を比較し、長所、短所は、それぞれですが、引っ越し後、快適さは、差し引きプラスになって良かったと、断じて言える生活を送ってます。

マイホーム購入

5年前に土地探しからはじめて、家を建てました。

 

40坪ぐらいで、土地は1200万、建物は2800万でした。

 

まだ早いと思っていましたが、主人が決めた為、建てることにしました。

 

建築は主人の知り合いのつてで、地元の工務店にお願いしました。

 

土地は、相場と思いましたが、建物の価格は、予定より金額が張ってしまったと思っています。

 

予算では建物は2000?2300万に抑えたかったのですが…知り合いというともあり、主人が話を進めていき最終的に2800万越えになってしまいました。

 

購入の際に周りに相談する人もいなかった事、個人で経営している工務店だった事もあり、インターネットの情報などで土地を探したり、建物の話を進めたり、ローンの手続きを全て自分でしました。

 

その時は、調べれる限り調べて、これでいい!と思っていましたが、その後友人の話などを聴いてびっくり!

 

ハウスメーカーで建てた友人は営業さんが土地を探したり、ローンの事やインテリア関係の事などまで、全て教えてくれて、ファイナルプランなども
してもらったと聞き、家を建てる時にもっと色々なハウスメーカーなどをみて回れば良かったと、後悔しています。

 

間取りなども、これしかできない!と言われ、打ち合わせもほとんどなかったのですが、友人は一か月ぐらい、間取りの打ち合わせをし、無理な要望も出来る限り取り入れてもらったと聞きました。壁紙やインテリア関係も好きなの選んでとサンプルブックを渡されただけでしたが、メーカーさんは、色々な提案をしてくれたので、決めやすかったと聞き、やはり、自分たちだけよりも、プロがいて、相談できる方に相談にのってもらいながらじっくり考えられていたらと思います。

 

一生に一度の大きな買い物なので、先を迫られていない方は、ゆっくり慎重に色々なハウスメーカーさんや工務店さんなどみて、話を聞いて、信頼できる!と思う所でマイホーム購入をオススメします。

 

知り合いだから…などの理由だけで選んで、本当に後悔です。

ページの先頭へ戻る